まさにマッドサイエンティスト!

悪魔が教える 願いが叶う毒と薬 薬理凶室 (著)

本のタイトルからして怪しさが漂う一冊です。

薬理凶室とは、複数のライターさんの共同ペンネームのようです。

かなり恐ろしい名前だ。。

名前とは裏腹に、かぜ薬から、麻薬、マッドサイエンティストっぽい薬まで、

さまざまな薬について、おもしろおかしく書かれています。

へぇ~、へぇ~、と雑学好きにはおもしろいと感じる本です。

唯一難点は、用語がむずかしい

フェネチルアミン、エフェドリン、フェネルジン、メタンフェタミン、

ブロモクリプチン、メチルテストステロン、、、、

ああ、頭が、、、われる、、、

こんな内容 ネタばれかしら?

脳には、隠し機能があり、そのスイッチを入れる麻薬類似物質が脳内にある

いい夢や悪夢をみることができる薬がある

睡眠薬は正しい処方で飲んでいる限り安全

頭のよくなる薬は、効果はないただ、情報処理速度を上げる薬はある

軽度のうつ病には、転地療法がよくきく

転地療法とは、住み慣れた土地を離れて、わざと別な環境に変えて療養をすることで、

脳がうつどころではないと判断して、うつ病が改善するということです。なるほど。

頭痛の薬の成分はどれも同じ

いろいろな味覚の中で、最も研究が進んでいるのが甘みであり、ビジネスチャンスが大きい

人工甘味料は糖尿病の引き金になるという説は、疑わしい

加齢臭には、柿渋石けんが非常に効果あり

↓こちら良心的なサイトで、特別価格で購入できます。

ヒ素が白血病に効果がある

体臭を失くすには、第一に健康であること

貧血はアンモニア臭くなる

水虫は24時間以内に石けんできれいに洗えば感染しない

下痢チョコの作り方など。ほかにも怪しすぎる薬の作り方など(作るな危険です)

覚醒剤は、脳の達成感の上限を更新してしまうので、その後、味気ない人生になってしまう

などなど。これらは、ほんの一部で、

ほかにもいっぱいためになったり、友達との会話で使えたりしそうな雑学など、

楽しい薬に関する知識が盛りだくさんです。

どんな薬でも、副作用の危険性をともなっているので、

むやみに薬に頼らないように!

いろんな本と出会って、人生を明るくしましょう!

この本は、いまならamazonプライムで無料で読めます。