予測不能な笑い!コメディー映画のような雨の日も晴れ男

雨の日も、晴れ男  水野敬也(著)


水野敬也さんの才能は恐ろしいですね。

それでも僕は夢を見る」で、泣かされたと思ったら、

今度は、ものすごく笑わせてもらいました(^-^)

簡単に内容を説明させてもらうと、

二人のおさない神様が、一人の男「アレックス」を不幸にするいたずらをします。

ひどいですよね。。

しかし、アレックスはそんなことでは負けないのです!

想像とは違うアレックスの行動に、神様たちも興味をいだきます。

なぜか不幸にならないのです!

不幸が起こった時の、奇想天外な行動がおもしろい

自分だったら絶対にしないだろうと思う行動をとるのです。

おもしろい!おもしろい!おもしろい!

何千回いっても、言い足りないくらい、

おもしろい!

表紙の絵だけ見ると、どんな内容なのか分からないのが残念です。

騙されたと思って、ぜひ読んでもらいたいです。

ぼくは、何か嫌なことがあったり、

つらいことがあったときには、この本を読むことにしています

アレックスに比べたら、こんな不幸なんて、大したことないと思えますし、

アレックスなら、どんな風に切り抜けるんだろう」と、

ニヤニヤしながら考えたりします。

最近笑ってないなあという方や、

つらいことを吹き飛ばすように、何もかも忘れて笑いたい

そんな方に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。


この本は、いまならkindle unlimitedの読み放題で読むことができます。