これぞ世界の三大悲劇!

マンガで読む名作 嵐が丘  エミリー・ブロンテ (著),‎ 岩下博美 (著)

「嵐が丘」という作品をご存じでしょうか?

イギリスの女流作家であるエミリー・ブロンテの長編小説で、

リア王」、「白鯨」とならび、世界の三大悲劇と評されている作品です。

さらに、世界中の女性を虜にした恋愛小説でもあります。

実は、学生のころ、原作を読んでいたのですが、途中で諦めていた作品です。

文章の構成が難解で、内容がとても分かりにくかったためです。

その「嵐が丘」がマンガで読めるとあって、さっそく読んでみました。

さすがマンガで読む名作シリーズとても分かりやすい

原作好きの人からみれば、小説の構成力がなくなってしまっているので、

物足りないと思うかもしれません。

しかし、作品を理解するには、「嵐が丘」の入門編としては、

とても分かりやすく仕上げられています。

「嵐が丘」の内容は、嵐が丘という屋敷を舞台にした恋愛と復讐劇です。

屋敷に拾われたヒースクリフという男と、その屋敷の主人の娘キャサリンとの恋愛。

キャサリンの兄に虐待を受けるヒースクリフ。

イザベラのヒースクリフへの恋。

ヒースクリフのキャサリンに対する一途な愛。

ああ、どろどろしている!!

まるで、すさまじい昼ドラを観ているようです。

世の女性たちが熱狂したのも、分からなくありません。。。

マンガで「嵐が丘」を読んでみて、もっとこの作品について知りたいと思われた方は、

ぜひ、原作に挑戦してみてください。

より深くこの作品を味わえること、間違いなしです。

対象は、中学生以上の特に女性かな。

ヒースクリフの強烈な愛に、胸キュンすること必至と思います。

男性も、女性に対する一途な恋愛に、共感できるのでは。

この本は、いまならamazonプライムで無料で読むことができます。