星の王子さまは、そもそも子供向けの本ではない。

星の王子さま

  サン・テグジュペリ(著)


星の王子さまは、世界中200以上の国々で翻訳されている名著です。

ぼくは、子供のころ絵本で読んだことがありましたが、

正直むずかしくて、意味が分からなかったことを覚えています。

星の王子さまは、子供向けの本ではなく、

確実に、大人向けの本だと感じました。

大切な教訓が秘められています。

星の王子さまは、たくさんの星をめぐってきた後、

地球に辿り着きました。

そして、地球で大切なことを学びました。

人間社会とはなんなのか?

友情とはなんなのか?

愛とはなんなのか?

僕たちを悩ます、普遍的なテーマについて、

星の王子さまの純粋な視点から体験することによって、

本質に気づくことができます。

「大人は分かっていない。」

「大人は真実をみることができない。」

「大人は大切なことが何も分からない。」

大人としては、ドキッとさせられます。

星の王子さまは、子供の純粋な心を持っています。

物事の本質は、大人には見えづらくなっているのかもしれません。

星の王子さまは、子供向けの本だと斜に構えずに、

大人のかたにこそ読んでいただきたいと思います。

もしかすると、人生観を変えてしまう一冊になるかもしれませんよ。