そこの顔に自信のない男子!とりあえず、この本を読んでおきなさい!

イケメンは、つくれる。 藤沢篤 (著)

この本は、自分の顔に自信がないために、

勇気を持つこともできずに、人生の負け組に甘んじている20代の男性の話です。

いつもの負け犬人生だった彼が、イケメンの先輩と交流することによって、

生まれ変わっていき、成長していく物語です。

印象に残った内容としては、

顔だけであれば、イケメンであろうが、不細工であろうが、

それほど変わるものではないということです。

つまり、イケメンは、髪型と服装で作ることができるということです。

当然ですが、髪型と服装だけでは完成はせず、

ほかにもイケメンになるための心得が書かれています。

ほんの少しの努力をすることで、

リア充として生活することができることを著者は、力説されています。

1000円カットがダメだったり、髪全体に適度なテカリを出す方法だったり。

服装の指南だったり。

特に印象に残った言葉ですが、

変化は必ず痛みを伴うです。

この言葉は真理なのではないでしょうか。

いつも通りの髪型を、少しかっこよくしたり、服装をおしゃれにしてみたりすると、

はじめは恥ずかしい気持ちになって、他人から笑われているような気持ちになるものです。

そのような変化し始めている主人公に、イケメンの先輩が言ったセリフです。

自分に自信を持つことができると、人生は大きく変わります。

イケメンになることがすべてではありませんが、

人生を明るく楽しくすることができるのであれば、

イケメンになってみるのもいいのではないでしょうか

「どうせ俺はイケメンじゃないから、彼女できないし。。」

などと不満を漏らしている人生はつまらないですよ。

ほんの少しの心がけで、人生を変えることができます。

そのことにポンと、気づかせてくれる一冊です。

この本は、いまならkindle unlimitedの読み放題で読むことができます。