旅に出たくなる一冊!タレント本だからといって食わず嫌いはもったいない!

一湯入魂  原田龍二(著)


この本を読み、僕は、原田龍二さんが大好きになりました

そして、旅に出かけたくなりました

そうです。ただ、単純に旅に出かけたくなりました(^-^)

正直なところ、僕は、あまりタレント本は好きではありません。

ふと、この表紙に惹かれてしまい、ついつい読んでみたのです。

原田龍二さん自体は、テレビに出ているかっこいい俳優さんというイメージだったので、

おしり丸出しの写真をみて、吹き出してしまいました(^-^)

やはり俳優さん。おしりもかっこいいのですが。

まぬけな感じがして、すごい好感がもてました。

内容については、原田龍二さんが、日本各地の温泉をめぐる旅日記です。

本当に温泉がすきなんだなあと感じました。

原田龍二さんが実際に入湯した温泉について、詳細な情報も書かれていますので、

紹介されている温泉の近くに、お住まいの方であれば、

ぜひこの本を読まれて、温泉にいかれたらいかがでしょうか?

原田龍二さんが近くに感じられて、温泉を120%楽しめると思います(^-^)

大分県の湯布院で、古い友人を大切にされている場面が書かれているのですが、

人情味のある方で、不覚にも、ほろっとしてしまいました。

渥美清さん主演の映画「男はつらいよ」の舞台について紹介があったりします。

寅さんのように、楽しい人たちとの出会い、

じーんとする温泉に入った後、おいしい地場のごちそうを食べる!

最高ではないですか!!

ノスタルジックな昭和の温泉街に思いをはせ、

僕も週末、旅に出かけようと思います。

「日々の生活にちょっと疲れてしまったなあ」という方に、

ぜひ読んでいただきたい一冊です。


この本は、いまならkindle unlimitedの読み放題で読むことができます。