君にはもうそんなことをしている時間は残されていないぞ!

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない 千田琢哉 (著)

著者である千田琢哉さんは、ビジネス書を中心に多く執筆されている方です。

まず、タイトルに惹かれました。

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない

なになに?

何をしたらダメなの?

そんなことってどんなこと?

かなり気になってしまいますね。

うまいタイトルのつけ方だなあと思いました。

この本の内容としては、人生の時間は限られているので、

その大切な時間を無駄にすることのないように、

いらない行動は省きましょうということが書かれています。

私の心にとまったものがいくつかありますので、ご紹介いたします。

  • 1分遅刻することと、1時間遅刻することは、1分遅刻する方が悪い。その方が、相手のことを軽くみている証拠である。
  • 挨拶するかどうか迷わない。ためらわず、挨拶をする
  • お返しの年賀状は出さない。出さないことで、ゆっくりお正月を満喫できる。
  • 返事をするとき、一拍置かず、すぐに返事をすることが大事。
  • 通勤電車で寿命を削らない。通勤時間に人生を使わない。
  • お店やサービスなどで、理不尽な対応を受けたら、自分の実名を出して、クレームを伝え、真剣に勝負する。
  • 1カ月かかると思い込んでいる仕事の核心は、1週間で終わる
  • 1年間そでを通さなかった服は、まとめて処分する。そうすることで、普段着ている服がすべて好きな服になるので、毎日いい気分になれる。 →断捨離

ほかにも、たくさん役に立つ考え方が書かれていました。

時間は言うまでもなく、とても大切なものです。

私たちは、なにげなく生活していると、知らず知らずのうちに、

時間を無駄にしてしまっているのかもしれません。

貴重な時間を無駄にすることがないように、

この本を参考にしてみてはいかがでしょうか?

きっと新しい発見があると思いますよ。

この本は、いまならkindle unlimitedの読み放題で読むことができます。