壮絶すぎる武士の生きざま!死狂い!R18でお願いします

シグルイ(全15巻)

  山口貴由(著) 南條範夫(著)


南條範夫さんの時代小説「駿河城御前試合」をもとに作られた漫画です。

南條範夫さんは、残酷ものと呼ばれる独特の作品を書かれている方で、

1956年に、「燈台鬼」という作品で、直木賞を受賞されています。

駿河城御前試合。

歴史的にはいかに?フィクション?それとも史実なのか?。。

徳川家康の孫であり、三代将軍徳川家光の弟である徳川忠長。

この人物がとてつもない狂王であり、

その徳川忠長が行ったこの「駿河城御前試合」の一試合。

片腕の剣士「藤木源之助」と、盲目の美剣士「伊良子清玄」との死闘。

この二人の侍の人生が、美しくも残酷に描かれています

武士とは、こんなにも壮絶なものなのかと思わされました。

剣を極めると、ここまで強くなるものなのかと感動しました。

愛。

憎悪。

狂気。

個性が強すぎる登場人物たちとの、様々な感情の交錯、死闘。

息つくひまがありません。

シグルイは、全15巻ありますが、一気に読んでしまいます。

描写が素晴らしく、インパクトが強烈すぎます。

トラウマになりそうなシーンも多くありますので、

個人的には、R18指定の漫画だと思います。

また、画力だけでなく、ストーリーも素晴らしく、

読み進めるうちに、どんどん引き込まれていきます。

一人の侍として、人生を追体験することができます。

藤木源之助として、人生を体験するか、

伊良子清玄として、人生を体験するか、または、個性濃いあの人か?

どちらにしても、侍として、壮絶な人生を体験できますよ。


↑1巻

↑まとめ買いならこちら