罪を犯した人間の感覚を追体験できる本!

罪と罰 (マンガで読む名作) フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー (著)

大学時代に読んだドストエフスキーの名作「罪と罰」が、

マンガで読めるとあって、さっそく読んでみました。

本の場合、原作を知っていると、同じタイトルの映画をみてみると、

どうしても物足りなく感じてしまうことはありませんか?

私も落胆しないように、そういった心構えで、読んでみました。

しかし、良い意味で裏切られましたね。

とても良い

原作を忠実に再現されており、なんといっても、分かりやすい

ロシア文学で困難なことは、登場人物の名前が長くて覚えにくいことがあります。

そのため、文章を読んでいて、「この人誰だったかなあ。」

という「つまづき」がつきものなのですが、

漫画であれば、長い難解な名前をわざわざ覚えておく必要もなく、

とても読みやすかったです。

本を読んで感じた臨場感を、

肩ひじを張らず、とても気楽に、漫画で楽しむことができました。

あらすじとしては、ラスコーリニコフという青年が、

自分の思想に突き動かされ、金貸しの老婆を殺してしまいます。

その後、自分の意思と反して、罪の意識にさいなまれていくのです。

ラスコーリニコフを取り巻く人物たちとの、愛憎劇も繰り広げられます。

犯罪をおかす前の心理状態や、犯罪を犯した後の動揺など、

手に汗握る心理描写に、心が震えます。

読み終わった後、ラスコーリニコフという男の人生を体験したという感覚を覚えます。

さすが名作です。一見の価値ありです。

対象は、高校生以上の男女でしょうか。

マンガとはいえ、15歳未満には刺激が強すぎるかもしれません。

この本は、いまならamazonプライムで無料で読めます。