会社に行くのが嫌な朝はこれで乗り切ろう!

サラリーマンはお気楽と言われていた時代は、とっくの昔に終わったのでしょうか。

会社員であれば、「朝起きれない」、「会社に行きたくない」、「休みだったらいいのに」と

思ったことが誰しも、一度や二度ではないはずです。

仕事開始の月曜日の朝に雨でも降っていようものなら、

余計どんよりとした気持ちになります。

朝から「よーし、今日も頑張るぞー!」と燃える気持ちになることができれば、

どんなに幸せで楽しいでしょうか。

いやだいやだと布団の中で考えていても、

始業時間は待ってくれません。つらいですよね。

私も昔同じ気持ちだったのでよくわかります。

そんな目覚めの悪い朝を乗り切るために、

私が実践しているとっておきの方法をお伝えします。

1  瞑想(出社する準備をした後)

おすすめは瞑想です。

初めのうちは、プチ瞑想をおすすめします。

プチ瞑想をしてみませんか?

瞑想をすることで、どんよりとした気持ちをクリアにすることができます

少しの時間もよいので、実践してみてください。

顔を洗ったり、歯磨きをしたり、

出社する準備をした後で行ってみてください。

寝起きですぐに瞑想をしてしまうと、

慣れないうちは、そのまま二度寝してしまうかもしれませんので。

2 筋肉トレーニング

デスクワークが多い人には、特におすすめです。

腕立て伏せでも、腹筋でもなんでもよいです。

体を無理やり活性化させます。

筋トレすることで、ドーパミンという脳内物質が分泌されます。

ドーパミンは、やる気がでて、ポジティブな精神状態にしてくれるので、

やる気のでない朝には、ぴったりなのです。

嫌な気持ちを強制的になくしてしまうハイパーな方法です!

↑こちらの本は、

テストステロンさんが書かれている本「筋トレが最強のソリューションである」なのですが、

1冊まるまる筋トレの素晴らしさが書いてあります。

吹き出してしまうような愉快な考え方なのですが、

「確かにそうだよ」と筋トレ愛好者から絶賛されている本なのです。

私もこの本を読んで、密かに持っていた悩みが解決しました。

会社に行きたくなかったり、人生に行き詰ってしまった人に、

ぜひ読んでいただきたい本です。

だまされたと思って、読んでみてください。

本当に目からうろこですよ。