中国語入門 中国語は難しいけど美しい

中国語とは

中国語は、中国大陸に住む中国人だけではなく、

台湾やシンガポール、マレーシアなど多くの国々で使用されており、

母国語としては最大の16億人以上が中国語を使用していると言われています。

これだけ広い範囲に渡って、多くの人たちが使用している中国語には、

当然のことながら、上海語や広東語などの様々な方言が存在しています。

島国である日本でさえ東北弁や関西弁、広島弁や博多弁など、

様々な方言があることから考えても、

途方もない数の中国語があることは、想像にかたくないと思います。

とはいえ、16億人がそれぞれバラバラの言葉を話していては、

意思の疎通が難しくなり、国家として成り立たなくなってしまいます。

そこで、中国語の中でも、標準語として北京語が使用されるようになっており、

現在では、中国国民の約7割程度の人が、

標準語(普通語)を使用できるようになっているようです。

中国語の特徴

中国語は、とても美しい語学であるといわれます。

中国語をゆっくり話すと、滑らかなメロディーを持つ詩のようであり、

カンフー映画などでよく耳にする早口の中国語は、リズミカルで軽快に聞こえます。

また、漢字の美しさも中国語の魅力でしょう。

漢字は、歴史ある中国の英知が結集されている文字であり、

文字一つ一つに意味を持たせることによって、文章を簡潔にすることができています。

漢字について、意味を知れば知るほど、関心してしまいます。

中国語では、「漢字」だけを使用しているので、

日本人が中国語を勉強する場合、英語圏の人たちなどと比べ、

圧倒的にマスターしやすい言語になるのです。

欧米人は、日本語以上に難しい言語として、中国語をランキングしています。

日本人は、当たり前に日本語の中に「漢字」つまり、中国語を使用しているので、

欧米人ほどの難しさは感じません。

そもそも日本人は、半分、中国語ができているといっても過言ではないのですから。

そうはいっても、通常の日本人は、中国語を聞いてもチンプンカンプンで、

いったい何を言っているのか、全くわからないが現状です。

漢字が分かるはずなのに、いったいどうしてなのでしょうか?

それには、いくつか理由があります。

同じ漢字でも読み方が違う

日本人が、中国語が理解できない大きな理由として、

同じ漢字でも、読み方が違うということが挙げられます。

日本で使用している「漢字」は、そもそも中国大陸から伝わってきたものなので、

読み方が同じものもあるのですが、読み方が違うものが多いのです。

たとえば、「私は」とか「私の」などでよく使用される、

「我」という漢字ですが、日本語では、「われ」、「が」などと読みますが、

中国語では、「ウォウ」と読みます。

また、中国語の挨拶に使用される「ニーハオ」ですが、

漢字では「你好」と書きます。

「好」という漢字は日本語では「ハオ」とは読まないですからね。

声調がとても大事

中国語はとても美しい言葉です。

しかし、それゆえに私たち日本人にとって難しく感じられてしまうのです。

中国語には、流れるような、詩のような抑揚があります。

その抑揚は、声調(せいちょう)といわれ、四種類からなる音の高低のことをいいます。

この声調が日本人にとっては、なじみがあまりないものです。

日本語の場合、アクセントが多少おかしくても、日本語としての意味は通じます。

しかし、中国語の場合、音の出し方の違いによって、意味がまったく違ってきますので、

声調が分からなければ、中国語を理解することができないのです。

声調については、後日説明させてもらいますが、

ピンインという文字で発音を表記していますので、

この漢字はどのような発音なのかということを文字で知ることができます。

つまり、中国語を知るためには、声調を知る必要があるということです。

文法が日本語と違う

外国語を学ぶとき、日本人がいつも戸惑うのは、

文法の違いです。

日本語では、「私は、会社に行きます」という文になるのですが、

中国語では、「我、去、公司」という文になります。

ちなみに、「去」は行く。「公司」は会社という意味です。

なんとなく分かる気がしますよね。

日本語では、主語+目的語+動詞になるのですが、

中国語では、主語+動詞+目的語になるのです。

英語と同じですね。

S(主語)+V(動詞)+O(目的語)

になるということです。

文法の違いは、日本人がどうしてもぶつかってしまう壁になりますが、

慣れてしまえば簡単になりますので、はじめだけ頑張ってなれてしまいましょう。