同僚が会社を辞めるときに、贈ってあげたい言葉

会社でサラリーマンをしていると、

同僚が一身上の都合で会社を去っていく場面に遭遇します。

仲の良い同僚であればあるほど、さびしいものです。

その同僚とは、会社がかわっても仲良くやっていきたいものです。

私は会社を辞めた経験も、同僚を見送った経験もあります。

私が会社を辞めた時に、いただいて心に残った言葉を、

私が見送るときには、送ってあげられるようにしています。

会社をやめるときに、言ってもらえてうれしかった言葉ベスト3

かってにランキングしてみました。

3位 お前ならどこでもやれると信じているよ

転職の相談をしたときに、同期の同僚からもらった言葉です。

言われたときは、恥ずかしくて、「冗談いうなよ」と返したものです。

でも、新しい人生を歩もうとするとき、

人は、通常では考えられないくらいの不安を感じるものなのです。

この言葉にはとても勇気をもらいました。

2位 うまくいかなくなったら、いつでも戻ってこい

転職がきまって、違う部署の先輩に言ってもらった言葉です。

不安でいっぱいだった私にやさしい言葉をかけてくださいました。

先輩にそんな権限はたぶんないのに(笑)

うれしかった。

そんなものですよね。

後輩を思う気持ちですよね。

人生の転機には、こういう人の言葉が身にしみるのです。

1位 お前はこの会社におさまる男じゃないよ

これは本当にうれしかった。

尊敬する先輩からこの言葉をいただきました。

何の気なしの会話の中だったのですが、

転職を決意するための背中を強く押された言葉でした。

新たな大海原に出港する後輩に対する、最大級の言葉です。

10年も前の言葉ですが、いまだに心を強くしてくれる言葉です。

+α 一緒に働けて幸せだったよ

これは、残念ながら私は言われたことはないのですが、

「お前と一緒に働けて幸せだったよ」と退職する同僚に言ったら、

号泣していました。

我ながら感動する言葉を思いついたものです。

よろしかったら参考にしてみてください。

ともに頑張った戦友を、良い言葉で送り出してあげましょう!