ジオイドってなに?

ジオイドとは、世界の海面の平均値である平均海水面に、

よく一致するジオポテンシャル面のことです。

平均海水面?ジオポテンシャル?ジオング?

難しい言葉で、混乱してしまいますね。

ジオイドは、地球規模で考えなければよく理解できません。

平均海水面とは、風や波によって変化する海面の一定期間の平均値のことです。

ジオとは、地球や大地などを表す言葉で、

最近、ジオパーク(大地の公園)という言葉で有名になりました。

ポテンシャルとは、潜在能力という意味でよく使われますが、

ほかにも、位置という意味があります。

ここでは位置という意味でとらえます。

そうなると、ジオポテンシャル面とは、地球のある一定の位置の面といえます。

つまり、ジオイドとは、世界中の海面を平均の高さを基準と考え、

その位置で、地球を面として覆っている概念になります。

イメージ的にはまん丸なのですが、地球は凸凹しているため、

ジオイドはまん丸ではありません。

ちなみに日本では、東京湾の平均海面をジオイドと定めて、標高の基準としています。