一生太らない魔法の食べ方!

一生太らない魔法の食欲鎮静術 松尾 伊津香 (著)

一生太らないとは、なんと素敵な響きでしょう。

私は、二十歳のころから比べると20kg以上体重が増えてしまっています(T_T)

そんな私が、「一生太らない」という強烈なインパクトの本を、

どうして手に取らずにいられるでしょうか。

著者である松尾伊津香さんは、プロボディデザイナーであり、ヨガインストラクターである

とても美しい女性です。

この方は、幼いころから、大食いだったそうなのですが、

食事の我慢をするダイエットにかなり苦しまれたようです。

そんな中、食欲と食べ方の研究をされて、オリジナルの方法である、

「食事瞑想」を確立されたようです。

本書では、メインのメソッドである「食事瞑想」を丁寧に解説されています。

著者は、食事制限でダイエットを行うと、必ずリバウンドすると言われています。

さらに、食事制限を行うことで、

過食症や拒食症などの重大な問題を引き起こしてしまう可能性があると注意喚起しています。

食事で満足しなければ、一時的にやせたとしても、続けられないのです。

結局、あとでドカ食いをしてしまい、胃を大きくしてしまうのです。

私もリバウンド体験者なので、納得(^_^;)

著者は、「食欲は意志の問題ではない」と明言されています。

そうだ!そうだ~!

食欲は、意志が強い弱いに関係ないので、痩せるためには、

単純に、食欲を鎮める方法を実践すれば、痩せることができるということです。

食欲を鎮めるためには、

量で満腹になるのではなく、味で満足できるようになる必要があります。

そのためには、食事を舌先で味わい、味覚に集中することが重要とのことです。

その感覚が、瞑想に似ているので、「食事瞑想」といわれているのです。

本書では、食事瞑想の方法が具体的に書かれています。

方法自体は簡単で、誰でもすぐに実践できると思います。

また、ダイエット方法を4段階に分類されており、

食事が正しくできていない人が、急に無理な筋肉トレーニングを行ってもダメで、

まず、正常な食事をとることができる精神力を養って、

次のステップとして、運動があるという理論です。

食生活が乱れてしまっている人の場合、

食事を整える方が、運動するよりも優先順位が高いということです。

私が心に残った名言として、

生きるために食べるのであり、食べることがあなたの生きる目的ではない

私は、この言葉を食事のたびに思い出すことでしょう。

ダイエットはつまり、自分の体を大切にすることです。

食事を丁寧に味わって食べることで、

食べ物に振り回されない人生をおくれるのかもしれません。

大食いとリバウンドで苦悩し、研究した著者であるからこそ、

ダイエットに苦労する人の気持ちが、誰よりも分かるのだと思います。

頑張ってダイエットしたのに、またリバウンドをしてしまったとお嘆きの皆様、

一度この本を読まれてみてはいかがでしょうか?

目からうろこかもしれませんよ。

■私の食事瞑想の感想■

私も食事瞑想をしてみました。なんでも試してみる性分ですので。

まだ、数回の食事でしか食事瞑想できていませんが、

確かに、食事量が減っているようです。

また、味がいつもより、おいしく感じます。(本当です)

この方法、うまくいくかも。。

食事瞑想できる時は続けてみようと思っています。

この本は、いまならamazonプライムで無料で読めます。