地目の種類【土地家屋調査士の備忘録】

不動産登記法上の地目の種類は、全部で23種類あります。

土地の登記事項に記されています。

地目とは、土地がどのように利用されているのかということですが、

登記地目と、現況地目はいつも同じわけではありません

登記地目は畑となっているのに、現況は家が建っているなんてしょっちゅうです。

地目の種類

  • 宅地
  • 学校用地
  • 鉄道用地
  • 塩田(海水を引き入れて、塩をとるための土地)
  • 鉱泉地
  • 池沼
  • 山林
  • 牧場
  • 原野(耕作されていなく、雑草やかん木類が生育する土地)
  • 墓地
  • 境内地
  • 運河用地
  • 水道用地
  • 用悪水路
  • ため池
  • 井溝(読み:せいこう)(田のうね、うねの間の通水路)
  • 保安林(農林水産大臣が保安林として指定した土地)
  • 公衆用道路
  • 公園
  • 雑種地(上記22に当てはまらない土地。駐車場や飛行場、ゴルフ場など)

課税地目

固定資産税は、毎年1月1日の土地や建物の所有者が納税義務者となります。

宅地、雑種地は固定資産税は高く、

田、畑などは固定資産税が比較的安く、

山林はさらに安いことが一般的です。

しかし、田や畑であっても、市街化区域であれば、宅地並みに課税されてしまうので、

注意が必要です。

公衆用道路、用悪水路、墓地、境内地、保安林などは非課税となります。

固定資産税の課税は、現況地目によるので、

登記地目が畑でも、ちゃんと宅地の課税がされているはずです。