初詣はここに参拝してもよいことをご存じですか?

一般的に、初詣(はつもうで)は、神社にお参りにいくことが多いかと思いますが、

実は、お寺に参拝してもよいということをご存じですか?

もともと日本には、土着の神道が存在していましたが、

仏教が伝来し、その後、神仏習合されていました。

つまり、神様も仏様もおなじものとして信仰されていたのです。

現代に生きる私からみても、とても日本人らしい考え方だと思います。

キリスト教徒でもないのに、

クリスマスパーティーを盛大にしている国民ですから(^_^;)

とても素晴らしい考え方ですね。

よいものを純粋に取り入れることができるということですから。

しかし、明治維新にともない、神仏分離が発令されました。

そのため、いままで同じものとして信仰されていた、

神様と仏様、神社と寺院がはっきりと分けられることになったのです。

歴史的にみると、この際に、廃仏毀釈運動が起こってしまい、

歴史的に重要な多くの寺院や書物などが失われてしまうという

悲しい出来事もおこっています。

信仰は自由であり、他者を攻撃することは、

誇り高き日本人として、やってはならないことです。

つまり、昔の日本人は、神仏を同じく信仰していたため、

お寺に参拝することは、別におかしなことではなかったのです。

その名残、習慣がありますので、

現代でも、初詣に限らず、お寺に参詣しても全くおかしくはありません。

ただ、参拝方法に多少の違いがあります。

神社の場合、二礼二拍手一礼が一般的ですが、

お寺の場合は、それはしません。手を合わせてのお参りとなります。

参拝をするときに大切なことは、気持ちであり、

神様や、仏様に日ごろの感謝を伝えること。

場所にこだわる必要は、あまりないのではないかと思う、

今日この頃です。