瞑想のレベルを高める音楽

静かな場所で瞑想をすることは、

心を無にするという瞑想の本来の目的のためには非常によいです。

しかし、瞑想の初心者のうちは、

静かすぎるとかえってうまく瞑想することができないことがあります。

考えてみてください。

現在の日本では、無音の状態の部屋を作ることができますが、

昔のチベット僧は、無音の部屋で瞑想をしていたのでしょうか?

そんなことはありません。

自然の音があふれる中で、瞑想を行っていたはずです。

1 自然の音が入った音楽

川のせせらぎ、風の音、虫の鳴き声、雨音もよいでしょう。

自然の音をきくことで、本能的に安心することができるのかもしれません。

自然の音のCDがありますので、ぜひ効果的に使用してみてください。

2 インストゥルメンタル(歌声なしの音楽)

歌声の入っていない音楽もよいです。

歌声が入っていたら、どうしても耳が歌詞に行ってしまうので、

心を無にする状態が作りにくくなってしまいます。

また、分かりやすいメロディーがある曲も避けた方がよいです。

意識が歌詞と同じく、メロディーに行きやすくなってしまうためです。

音楽は心を直接響かせる力がありますので、

楽器のみの音楽と瞑想は相性がよいのです。

20分程度で出来るエクササイズの解説付きです。