正月飾りは、いつまで飾ればいいの?

お正月に飾り付けられた、門松やしめ縄などの正月飾りは、

いつまで飾っておけばよいのでしょうか?

分かっているようで、良く分からない。そんな疑問を解決していきましょう!

門松はいつからいつまで?

門松は、正月事始めである12月8日~12月28日までに立てます。

そして、松の内(1月7日または1月15日)まで飾っておきます。

飾りはじめのタイミングは、

12月29日、12月30日、12月31日は避けるようにしましょう。

理由は諸説ありますが、12月29日は、「9」が入っているので、「苦」につながるため。

12月30日は、旧暦で最後の日となるため、一夜餅の扱いになるため、

12月31日も30日と同じく、最後の日であり、葬儀の飾り方を連想するということで、

一般的に避けられています。

しめ飾りはいつからいつまで?

しめ飾りも、門松と同じく、正月事始めである12月8日~12月28日までに飾ります。

門松など、他の正月飾りと同じく、12月29日、30日、31日は避けましょう。

そして、松の内(1月7日または1月15日)まで飾っておきます。

鏡もちはいつからいつまで?

鏡もちは、12月28日に飾ることが最適とされています。

それより少し前でもかまいませんが、

門松など、他の正月飾りと同じく、12月29日、30日、31日は避けましょう。

そして、鏡開きの日(1月11日または1月20日)まで飾っておきます。

松の内がいつまでなのかによって、鏡開きの日が変わってきます。

まとめ

門松:   12月8日~12月28日に飾り、松の内(1月7日または1月15日)まで

しめ飾り: 12月8日~12月28日に飾り、松の内(1月7日または1月15日)まで

鏡もち :       12月28日に飾り、鏡開き(1月11日または1月20日)まで

クリスマスツリーが終わったら、すぐに門松と覚えておけば大丈夫ですね(^-^)

お正月の意味を理解し、古きよき日本の習慣を次世代につなげていきましょう。

ところで、門松などの正月飾りってどうして飾るのか、ご存じですか?

そもそも正月飾りって?