そもそも正月飾りってなに?

正月飾りとは

正月飾りとは、正月いらっしゃる歳神様(としがみさま)のために飾られるものであり、

大みそか以前に飾り、準備しておくものです。

門松、しめ飾り、鏡餅、羽子板、掛け軸などがあります。

門松(かどまつ)

正月に家の門の前などに、斜めに切った竹に飾りつけしているものです。

門松は有名ですね。

門松は、松飾りや立て松ともいいます。

門松は、歳神様を家に迎えいれるためのよりどころとなります。

神様が宿るといわれている木の中でも、松には古来から霊力があり、

おめでたいとされています。

門松は竹が目立っていますが、松・竹・梅が入っており、

縁起がよいのです。

ちなみに、門松がある期間を、松の内と呼びます。

しめ飾り

しめ飾りとは、

しめ縄に紙垂(かみしで)や橙(だいだい)などを飾りつけたものです。

しめ飾りは、神社のしめ縄と同じ意味があります。

しめ縄は、天照大神(あまてらすおおみかみ)が、

天の岩屋へお隠れになった神話が元になっています。

太陽の神様である天照大神が、岩屋に隠れてしまったことで、

世界が真っ暗になってしまい、困り果てた八百万の神々が、

岩屋の前で宴会を行い、様子を見に来た天照大神が再び岩屋に入らないように、

しめ縄で岩戸を縛ったという有名なお話しです。

そのため、しめ縄をはり巡らすことで、

結界を作り、内側を浄化する意味があります。

歳神様に安心していただく、おもてなしの気持ちの表れです。

鏡もち

鏡もちは、歳神様へのお供えものであり、依り代になります。

依り代とは、門松と同じく、神霊がよりつくもののことをいいます。

鏡もちは、日本神話において、

天照大神(あまてらすおおみかみ)から、ニニギノミコトが授けられた

三種の神器である「鏡、勾玉、剣」のうち、

鏡である八咫鏡(やたのかがみ)を形とったものと言われています。

また、もちの上にのせる橙を勾玉に、串柿を剣に見立てているとされます。