よい気を取り入れるための前提条件

気は、自然界にあふれており、私たちの体の中も流れています。

東洋医学では、気の流れを良くすることで、

病気を取り除き、健康体に向かわせます。

気のエネルギーについては、

欧米や中国、日本でも盛んに研究がされており、

すでに一昔前のオカルト的な存在ではなくなっています。

気(プラーナ)は確実に実在し、チャクラから体内に取り入れます。

しかし、いくらチャクラを開き、たくさんの気を取り入れたとしても、

その気が、良くない気であれば、良い結果には至らないでしょう。

気持ちのよい高原の風に吹かれている状態と、

汚れた公衆便所の中にいる状態とでは、

難しく考えなくても、明らかに違いますよね。

つまり、体内に取り入れる気は、良い気でなければなりません。

良い気を全身に取り入れるためには、前提条件がありますので、

いくつかご紹介をさせていただきます。

身の回りを清潔に保つ

汚れた部屋、汚れた環境で生活をしていると、

悪い気が体内に入ってきてしまい、健康を害してしまいます。

風通しの悪い環境では、良い気が流れてこないのです。

水と同じで、流れているから清いのです。

同じ場所に滞ってしまうと、腐ってしまいます。

部屋、家全体をいつもきれいにするように心がけましょう。

窓を閉め切ったりせずに、風の通りをよくしましょう。

物を片づけることが苦手という人は、

断捨離をしてみることをおすすめします。

どうにも具合が悪いという人の家を見せていただいたときに、

タンスなどの家具で窓を潰してしまって、

日当たりも風通しも悪い環境だったので、

気の流れを注意し、窓を開けられる環境に模様替えをしたところ、

具合が徐々に好転し、かなり健康体になりました。

特に玄関は、外からの気が一番に入ってくる場所になりますので、

清潔を保つようにしましょう。

食べ物に注意する

新鮮な食べ物を食べるようにします。

食べ物を通して気を体に取り入れているので、

食品添加物の多く入っているものは、避けるべきでしょう。

日本で販売されている食品の多くに保存料や、着色料が入っているので、

完全に食べないわけにはいきませんが、なるべく避けるべきでしょう。

また、暴飲暴食を避けるようにしましょう。

アルコールの取り過ぎには特に注意しなければなりません。

「良い気を取り入れる」という気持ちで、

丁寧に食事をするようにしましょう。